2022-02

読書

「シン・ニホン」:安宅和人[書評・感想]

この非常に面白い確変モードである時代を楽しみ、1人でも多くの方がこの本を読み、日本の将来に興味を持ち、日本はどう変わるべきなのかを考えていけばもう1度日本は立ち上がれると思います。
タイトルとURLをコピーしました