imogayu1868

読書

「すばらしい新世界」~人類にとって正しい進化とは・・・:オルダス・ハクスリー 「感想」「あらすじ」「解説」

はじめに 今回はオルダス・ハクスリーが描いたディストピア小説、すばらしい新世界について書きたいと思います すばらしい新世界は2540年を舞台にして描かれており、2540年の人類は現代の私達からすると驚いてしまうような生活環境の...
読書

「死神の精度」~一度は読むべき短編小説集:伊坂幸太郎 「感想」「あらすじ」「解説」

伊坂幸太郎の死神の精度についての感想です。非常に読みやすく一度は読むべき短編小説集だと思います。ぜひ一度読んでみてください
読書

「お菓子とビール」~モームの描くちょっと変わった友情:モーム 「感想」「あらすじ」「解説」

モームのお菓子とビールについてのあらすじと感想です。ある小説家と大作家との友情を描いた作品です。
読書

「蜜柑」~人生の素朴な美しさを描いた:芥川龍之介 「感想」「あらすじ」「解説」

芥川龍之介の蜜柑についてのあらすじと感想です。特に理由もないけどなんか人生が楽しくない、と感じている人にお勧めしたい一冊です
読書

「ハムレット」~人生は演劇:シェイクスピア 「感想」「あらすじ」「解説」「考察」

シェイクスピアのハムレットについての記事です。ハムレットは行動派だったのか逡巡の人だったのでしょうか
読書

「坊ちゃん」~ユーモラスでありながら人生の核心をついた一冊:夏目漱石 「感想」「あらすじ」「解説」

夏目漱石の坊ちゃんについての感想です。ユーモラスでありながら人生の核心をついた一冊です。読みやすい作品で夏目漱石入門として非常にオススメです。
読書

「海辺のカフカ」~どこか遠くに家出したくなる:村上春樹 [感想][あらすじ][解説]

村上春樹の「海辺のカフカ」についての感想です。自分の居場所を探すため家出をした15歳の少年と、幼少期に記憶を失い知的障害者となった老人を描いた作品です。
読書

「バッタと鈴虫」~人生に疲れた時に読みたい川端作品:川端康成 [感想][あらすじ][解説]

川端康成のバッタと鈴虫についての解説です。子供たちが夜草むらで草取りをしている情景を川端康成が美しく表現しており 読むたびにその世界観の美しさに引き込まれていきます。
読書

「羅生門」〜人は生きる為なら罪をおかしてもいいのか〜:芥川龍之介 [感想][あらすじ][解説]

芥川龍之介の羅生門についての解説です。人は生きる為なら罪をおかしても良いのでしょうか。羅生門を教室ではなく自室で、制服ではなくパジャマで、 リラックスして改めて手に取って最初から読み通してみると色々な発見があると思います
読書

「野呂松人形」〜芥川入門はこれを読め!〜:芥川龍之介 [感想][あらすじ][解説]

芥川の芸術観と芸術家としての熱い思い、そしてなにより芥川の人間性が色濃く出ている野呂人形についての記事です。芥川入門としてもオススメです
タイトルとURLをコピーしました