UA-201892155-2

imogayu1868

読書

「タイタンの妖女」 太田光が大絶賛した物語:カート・ヴォネガット [感想][あらすじ][解説]  

太田光が最高の物語と評するタイタンの妖女についての感想です。読み物としても最高に面白く、そして色々と考えられる作品です。 今回はこの作品を通して人生の目的・意義について考えたいと思います。
読書

「道は開ける」~鬱で死にそうな奴はとりあえずこれ読んで寝ろ~:カーネギー [感想][あらすじ][解説]

今回は悩んでいる人に是非読んでほしい本。「道は開ける」をご紹介いたします。人生に悩みはつきもの。この最強最悪の病を克服する方法をこの本を読んで学んでみましょう。
読書

「幸福な家族」~幸せについて本気出して考えてみた~:武者小路実篤 [感想][あらすじ][解説]

武者小路実篤の「幸せな家族」の感想です。私達が日々追い求めている幸せとは何なのでしょうか。この本を読むと幸せはとても身近にあり簡単に手に入れられるものだと思うことが出来ます
読書

君たちはどう生きるか~なぜ生きるかを改めて考えさせられる一冊~: 吉野源三郎著 [感想][あらすじ][解説]

「自分はなんで生まれてきたのだろう」「自分はどう生きるべきなのだろう」 誰もが一度は考えたことが有ると思います。そんな最高難易度のクイズに対してヒントを与えてくれる本を紹介いたします。
読書

「アルケミスト」~夢を持つことのの素晴らしさを教えてくれる一冊~:パウロ・コエーリョ [感想][あらすじ][解説]

現代社会に生きていると何気ない日常を淡々と生活してしまい自分の希望・夢を忘れてしまいます。この本をよむと夢を持つことの素晴らしさを改めて教えてくれるように思います。夢を追いかけている人、夢を持つことを忘れてしまった人、夢はあるが苦しくてくじけそうな人に是非読んでほしい一冊です。
読書

「シッダールタ」~人生における回り道ほど有益なものはない~ :ヘルマン・ヘッセ [感想][あらすじ][解説]

人生の中での失敗や挫折は、今の自分になる為の必要経費だと思えたら面白くない人生が楽になり少し生きやすくなると思いませんか。 ヘッセの「シッダールタ」を読むと過去の自分の失敗を愛せるようになる気がします。
読書

「こころ」~教室で読んだ名著を自宅でもう一度~:夏目漱石[感想][あらすじ][解説]

「この世に悪人は存在しない。平生はみな善人ではあるがお金・権力・地位など欲が絡むと人は平気で他人を騙す恐ろしい悪人になり得る」まさに「人間の心」の複雑さを表現した名文だと思います。 「こころ」をとおして「人間の心」とは何かという事を考えてみました。
読書

「生き方」平成の成功者の哲学が詰まった一冊:稲盛和夫[あらすじ][解説][感想]

「人間として正しい行動をする」をはじめとする稲盛氏の原理原則は古き良き日本人の良さが現れていて非常にカッコいいと思います。ただその労働観は今の若者に受け入れられるものなのでしょうか
読書

「金閣寺」~美とはなにか・・・~:三島由紀夫[感想][あらすじ][解説]

三島由紀夫「金閣寺」についての感想です。誰からも理解されない孤独な人間の破滅を描いた作品。 「美」とは一体なんでしょうか
読書

「禅」日本文化を考える上で一度は読むべき名著:鈴木大拙[あらすじ][解説][感想]

禅とはなにか。日本文化・日本人を語るときに禅抜きでは語ることはできない。今回は鈴木大拙の書いた禅について書きたいと思います。