読書

「禅」鈴木大拙 :[書評・感想]

禅とはなにか。日本文化・日本人を語るときに禅抜きでは語ることはできない。今回は鈴木大拙の書いた禅について書きたいと思います。
読書

「論語」孔子 :[書評・感想]

人生に悩んだときあなたはどうしますか?家族や友人に相談しますか?カラオケで熱唱しますか?お酒を飲みますか?私🍏は論語を読みます
読書

「サピエンス全史」ユヴァル・ノア・ハラリ:[書評・感想]

ホモサピエンスが何故ここまで成功したのか。また過去の歴史から現代の生き方と幸福について考えさえてくれる名著です。 今の当たり前の秩序はただの虚構でしかないのかもしれません。
読書

「シン・ニホン」:安宅和人[書評・感想]

この非常に面白い確変モードである時代を楽しみ、1人でも多くの方がこの本を読み、日本の将来に興味を持ち、日本はどう変わるべきなのかを考えていけばもう1度日本は立ち上がれると思います。
読書

「決断力」:羽生善治[書評・感想]

こんな便利な時代になったからこそ考える楽しさ、思考する楽しさを私達はもっと大切にするべきではないのでしょうか
読書

「正義と微笑」:太宰治 [書評・感想]

太宰治の「正義と微笑」についての感想です。人生において夢や自分が他人より優れている所を見つけ、”勝てる”と計算できる土俵を早く見つけれた人は本当に強いです。
読書

「異邦人」 :カミュ[書評・感想]

人生において誰もが演技をしていますが、全く演技ができない人はどのような人生をあゆむことになるのでしょうか
読書

「竜馬がゆく」: 司馬遼太郎[書評・感想]

竜馬がゆくを読み、日本・日本人について、そして事をなせる人間の条件について考えます。
読書

「リア王」:シェイクスピア[書評・感想]

シェイクスピアの四大悲劇の一つのリア王についての書評です。我々は喜劇よりも悲劇からのほうが多くのことを学べるのではないのでしょうか。
読書

「風の谷のナウシカ」 :宮崎駿[書評・感想]

私達人類は同じ過ちを繰り返してしまうおろかなで欲深い未熟な生き物かもしれません。血を吐きながら、もがきながら毎日を必死で生かなければならない。だからこそ生命は美しい。 漫画版ナウシカは内容がとても深く、難解な内容ですが宮崎駿の描きたかった、伝えたかったものが描かれていると思います。
タイトルとURLをコピーしました