読書

自己紹介~私🍏について

アラサー読書家の自己紹介です。読書歴やブログを通しておすすめの本について書いていきたいと思います。
読書

「シッダールタ」 ヘルマン・ヘッセ:[感想]

人生の中での失敗や挫折は、今の自分になる為の必要経費だと思えたら面白くない人生が楽になり少し生きやすくなると思いませんか。 ヘッセの「シッダールタ」を読むと過去の自分の失敗を愛せるようになる気がします。
読書

「こころ」 夏目漱石:[感想]

「この世に悪人は存在しない。平生はみな善人ではあるがお金・権力・地位など欲が絡むと人は平気で他人を騙す恐ろしい悪人になり得る」まさに「人間の心」の複雑さを表現した名文だと思います。 「こころ」をとおして「人間の心」とは何かという事を考えてみました。
読書

「生き方」:稲盛和夫 [書評・感想]

「人間として正しい行動をする」をはじめとする稲盛氏の原理原則は古き良き日本人の良さが現れていて非常にカッコいいと思います。ただその労働観は今の若者に受け入れられるものなのでしょうか
読書

「金閣寺」 三島由紀夫:[感想]

三島由紀夫「金閣寺」についての感想です。誰からも理解されない孤独な人間の破滅を描いた作品。 「美」とは一体なんでしょうか
読書

「禅」鈴木大拙 :[感想]

禅とはなにか。日本文化・日本人を語るときに禅抜きでは語ることはできない。今回は鈴木大拙の書いた禅について書きたいと思います。
読書

「論語」孔子 :[感想]

人生に悩んだときあなたはどうしますか?家族や友人に相談しますか?カラオケで熱唱しますか?お酒を飲みますか?私🍏は論語を読みます
読書

「サピエンス全史」ユヴァル・ノア・ハラリ:[感想]

ホモサピエンスが何故ここまで成功したのか。また過去の歴史から現代の生き方と幸福について考えさえてくれる名著です。 今の当たり前の秩序はただの虚構でしかないのかもしれません。
読書

「シン・ニホン」:安宅和人[感想]

この非常に面白い確変モードである時代を楽しみ、1人でも多くの方がこの本を読み、日本の将来に興味を持ち、日本はどう変わるべきなのかを考えていけばもう1度日本は立ち上がれると思います。
読書

「決断力」:羽生善治[感想]

こんな便利な時代になったからこそ考える楽しさ、思考する楽しさを私達はもっと大切にするべきではないのでしょうか
読書

「正義と微笑」:太宰治 [感想]

太宰治の「正義と微笑」についての感想です。人生において夢や自分が他人より優れている所を見つけ、”勝てる”と計算できる土俵を早く見つけれた人は本当に強いです。
タイトルとURLをコピーしました